Python / OCR処理 / pyocr、tesseract-ocr

tesseract-ocrは、パスを環境変数として登録しておく(登録後はPCを再起動する)。 pyocrは、C:\ProgramData\Anaconda3\Lib\site-packages\pyocr\tesseract.pyファイルの下の行を変更しておく。 from: return "--psm" if version[0] > 3 else "-psm" to: retur…

Python / pipでインストールしたモジュールの場所その他を確認する / pip show <モジュール名>

winning

Oakland Raiders since trading Jon Gruden in 2002 winning seasons 2 division titles 1 2002年に(ヘッドコーチのトレードという異例の形で)ジョン・グルーデンを(バッカニアーズへ)トレードした以降のレイダーズ(の成績) 勝ち越したシーズン 2回 地区優勝…

Python / zipファイル内のファイル名を取得する / zipfile.ZipFile(ファイルパス).namelist()

.zipファイルであれば拡張子は.zipでなくてもよい。ここでは.xlsxファイルを展開してみる。 from pprint import * import zipfile with zipfile.ZipFile("H:\\img\\sute\\2018.xlsx") as files: # zipファイルを開いて、 names = files.namelist() # zipファ…

Python / 同じディレクトリーにあるファイルの名前を取得する / glob.glob(ファイルパス)

import glob files = glob.glob("H:\\sute\\*") # ファイル名を全部取得する。 print(files) files = glob.glob("H:\\sute\\*.pdf") # 拡張子を指定してファイル名を取得する。 print(files) 実行結果:

Python / パスを一時的に追加してモジュールをインポートする

# たとえばAnacondaプロンプトでpipしてインストールしたtablibをインポートする。 import sys sys.path.append("C:\\ProgramData\\Anaconda3\\lib\\site-packages") import tablib 実行結果:

package

traded to Bears package included 2019 & 2020 1st round picks 2019、2020両年のドラフト1巡目指名権などと交換で(レイダーズから)ベアーズへ放出 (カリル・マックのこと)

active

4th oldest active NFL RB NFLの現役ランニングバックとしては(ゴア、スプロールズ、ピーターソンに次いで) 4番目の年長選手 (リンチのこと)

Python / 排列をExcelに書き出す / tablib

import tablib terms = [["英" , "日"], ["one" , "一"], ["two" , "二"], ["three", "三"],] sheet = tablib.Dataset(*terms) open("H:/glossary/1.xls", "wb").write(sheet.xls) 実行結果:

a complete assembly

The engine and transmission should be removed as a complete assembly. このエンジンとトランスミッションとは、別々に分けないでエンジンとトランスミッションとが一体化したままそのまんま1個のかたまりとして部品を1個も缼くことなく丸ごと取り外して…

Python / Excelファイルを読み込んでセルの値を読み込む / xlrd

import numpy as np import xlrd book = xlrd.open_workbook("H:\img\Book1.xlsx") # Excelファイルを読み込む。相対パスでもよい。 sheet = book.sheet_by_index(0) # 読み込んだファイルの1シート目を読み込む。インデックスは0ベース。 tbl = np.empty([2…

Python / PIL / 画像をグレースケールにする、画像を2値化する

PIL

グレースケールにするときは np.repeat()を使ってAllBrightness = [1,2,3]からAllRGB = [[1,1,1], [2,2,2], [3,3,3]] という排列を作ってImageオブジェクト化すればよい。 2値化するときは、たとえば閾値を100とするなら AllRGB = [[1,2,3],[10,20,30],[100,…

Python / PIL / 画像を明るくしたり暗くしたりする

PIL

PIL.Imageは画像の読み込み、生成、エクスポートに使うだけにして、あとはnumpyだけで処理する。 from PIL import Image import matplotlib.pyplot as plt import numpy as np class IMAGE: def __init__(self, imgPath): self.srcImg = Image.open(imgPath)…

Python / PIL / 画像の読み込み、サイズの取得、RGB値の取得、輝度の計算、ヒストグラムの表示

PIL

from PIL import Image import matplotlib.pyplot as plt import numpy as np class IMAGE: def __init__(self, imgPath): self.srcImg = Image.open(imgPath) # 画像を読み込む。 self.numOfPixels = self.srcImg.width * self.srcImg.height # 全画素数を…

Python / PIL / 画像を読み込む / PIL.Image.open(ファイルパス)

PIL

from PIL import Image import matplotlib.pyplot as plt def showImg(imgPath): srcImg = Image.open(imgPath) plt.imshow(srcImg) plt.show() showImg("C:\\Users\\NEC-PCuser\\Desktop\\akiho.png") 実行結果:

Lua、Python / 排列を逆順に並べ換える

Luaの場合: function table.reverse(tbl) local len = #tbl local temp = {} for i = len, 1, -1 do temp[#temp+1] = tbl[i] end return temp end -- test -- do local lst = {"a", "b", "c", "d"} local rev = table.reverse(lst) print(table.concat(rev, …

active

29th consecutive game with a touchdown pass (longest active streak in NFL) Record: 54 (Drew Brees) 今のプレーでレギュラーシーズンでは29試合連続タッチダウンパス (現在続いているものの中ではNFL最長) 歴代1位はドリュー・ブリーズの連続54試合

ESP-WROOM-02 / micro:bitのWiFi化 / mbed / 動作確認

動作確認としてmicro:bitからESPへ"AT"コマンドを送ってそのリザルトコードを見てみる。 #include "MicroBit.h" MicroBit uBit; ///////////////////////////////////////////////////////// void initWiFi(); void ATWiFi(); void debug(ManagedString s); …

mbed & MicroPython / 文字列Aが文字列Bに含まれているかどうかを調べる函数AinB(A, B)

単純法 #include "MicroBit.h" MicroBit uBit; uint8_t AinB(ManagedString A, ManagedString B){ int ALen = A.length(); int BLen = B.length(); int difLen = BLen - ALen; // 文字列Bを左(i)から文字列Aの文字数ぶん(ALen)ずつ順番に見ていって、 uint8_…

PC-G850VS / シリアルIO / PCから何かを受ける

今度はPCから何かを受けてみる。openモード(r+、w+、a+)の違いがわからない。 main(){ int *fp = fopen("stdaux", "a+"); char sute[100]; while(1){ fscanf(fp, "%s", sute); printf("%s\n", sute); } /*fclose(fp);*/ }

PC-G850VS / シリアルIO / PCへ何かを送る

11ピンコネクターのシリアルIOを試す。ポケコンからPCへ何かを送ってみる。 (Source: http://wrabetz.de/resources/Sharp_PC-G850VS_Interface.pdf) main(){ int *fp = fopen("stdaux", "w+"); fprintf(fp, "abAB\n"); fclose(fp); }

PC-G850VS / パラレル I/O / ディジタル出力 / pioput()

11ピンコネクターのパラレルI/Oを試してみる。 (Source: http://wrabetz.de/resources/Sharp_PC-G850VS_Interface.pdf) main(){ unsigned char i; fopen("pio", "a+"); /*a+モードで11ピンコネクターを8ビット制御モードにして、*/ pioset(0x00); /* 方向は8…

ADコンバーターMCP3008 / SPI / mbed、MicroPython、PC-G850VSまとめ

一往動いたので現状で固めておく。 ▶MCP3008.cpp for micro:bit #include "MicroBit.h" SPI spi(MOSI, MISO, SCK); MicroBitSerial serial(USBTX, USBRX); // Use P16 as !CS pin. MicroBitPin CS(MICROBIT_ID_IO_P16, MICROBIT_PIN_P16, PIN_CAPABILITY_DIG…

PC-G850VS / ミニI/O / ADコンバーターMCP3008 / チャンネル0のAD変換値を読む

チャンネル0が読めるかどうか確かめる。 1サンプルの所要時間が70msec弱という遅さであるが一往読めている。 main(){ unsigned char mosi[36] = {3,4,6,4,6,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,0,2,1}; unsigned char miso[10]; unsig…

PC-G850VS / ミニI/O / 任意のディジタル信号を出力する

今度はミニI/Oから任意のパラレル3ビットディジタル信号を出してみる。 main(){ char mosi[11] = {1,3,5,7,6,5,4,3,2,1,0}; /*これを3ビット1組のパラレルパルス列として5回繰り返してみる*/ char len = 11, i, j; for(j = 0; j<5; j++){ for(i=0;i

PC-G850VS / ミニI/O / ディジタル出力 / miniput()

PC-G850VSの11ピンコネクターはいろいろな使いかたができるがここではミニI/Oとして使ってみる。まずディジタル出力を試す。 構文: void miniput(char byte) main(){ char i; for(i=0;i<100;i++){ miniput(i); } }

ADコンバーターMCP3008 / SPI / AD変換値を1回だけ読み出してみる / micro:bit / mbed

#include "MicroBit.h" SPI spi(MOSI, MISO, SCK); MicroBitSerial serial(USBTX, USBRX); MicroBitPin CS(MICROBIT_ID_IO_P16, MICROBIT_PIN_P16, PIN_CAPABILITY_DIGITAL); int main(void){ CS.setDigitalValue(1); char mosi[] = {1, 0b10000000, 0}; cha…

計測と測定と

JIS Z 8103計測用語によると: 計測とは、「特定の目的をもって、事物を量的にとらえるための方法・手段を考究し、実施し、その結果を用い所期の目的を達成させること」 測定とは、「ある量を、基準として用いる量と比較し数値又は符号を用いて表すこと」 大…

ADコンバーターMCP3008 / SPI / AD変換値を1回だけ読み出してみる / micro:bit / MicroPython

参考: SPI — BBC micro:bit MicroPython 0.5.0 documentation from microbit import * StartByte = 1 SingleOrDiff = 1 whichCH = 0 DummyByte = 0 CS = pin16.write_digital # 3バイトを書き込んで3バイトを読み出す。 # [0]バイト目として0b 0000 0001をwr…

ADコンバーターMCP3008 / SPI / モードの確認 / micro:bit / MicroPython

まずMCP3008とは無関係にSPIの4つのモードを確認してみる。見てわかりやすいよう、HLHLHLHLという信号をマスターから出してみる。 from microbit import * spi.init(mode=0) spi.write(bytes([0b10101010])) モード0の場合: モード1の場合: モード2の場合: …