Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

TI-Nspire & Arduino / 温度・湿度・気圧計 4 of 4 / Graphs アプリケーションでグラフ化する

Nspired-Lua hands off the received data to the Nspire's native applications by using var.store(). .ino #include <Adafruit_BME280.h> boolean gotInitData = false; unsigned long initTime; Adafruit_BME280 bme; void setup() { Serial.begin(115200); bme.begin(); } </adafruit_bme280.h>…

TI-Nspire & Arduino / 温度・湿度・気圧計 3 / サンプルスケッチを変える

When receiving 't' via a serial port, Leo transmits some data via the port in the format of a space-delimited string, "elapsedSeconds△Celsius△humidity△hectopascal". #include <Adafruit_BME280.h> boolean gotInitData = false; unsigned long initTime; float elaps</adafruit_bme280.h>…

TI-Nspire & Arduino / 温度・湿度・気圧計 2 / サンプルスケッチを試す

youtu.be The necessary libraries can be obtained from GitHub - adafruit/Adafruit_BME280_Library: Arduino Library for BME280 sensors and GitHub - adafruit/Adafruit_Sensor: Common sensor library. The following sketch assumes connection of th…

TI-Nspire & Arduino / 温度・湿度・気圧計 1 / モジュール同士を接続する

Bosch BME280 offers a choice of using I2C or SPI. In this example, I2C will be used. If an Adafruit BME280 breakout board can be bought in your location, a logic-level converter is not required.

TI-Nspire & Arduino、超音波距離計 4 of 4、超音波モジュールをサーボに載せて左右に振る(続き)

A Micro, a servo, and a battery pack can be put together on a long breadboard. .ino #include <Servo.h> #define ultraPin 7 #define servoPin 9 int deg = 0; class Ultrasonic { public: Ultrasonic(int pin); void DistanceMeasure(void); float microseconds</servo.h>…

TI-Nspire & Arduino、超音波距離計 3、超音波モジュールをサーボに載せて左右に振る

An ultrasonic module mounted on a servo horn acts just like a radar or a sonar. Leo transmits data to TI-Nspire in the format of a space-delimited string, "range△degree". Drawing residual images makes the display appear to be a radar. .ino…

TI-Nspire & Arduino、超音波距離計 2、シリアルポートを使って TI-Nspire の画面に距離を表示する

TI-Nspire receives range data from a Leo who has opened a serial port, and shows them on its screen. .ino class Ultrasonic { public: Ultrasonic(int pin); void DistanceMeasure(void); float microsecondsToCentimeters(void); private: int _pin;…

TI-Nspire & Arduino、超音波距離計 1、サンプルスケッチを試す

The following sketch drives an Ultra Sonic range measurement module - Sensor - Seeed Studio to measure distances. .ino /***************************************************************************/ // Function: Measure the distance to obsta…

TI-Nspire & Arduino、サーボを使う 4 of 4、Keyboard ライブラリーを使って TI-Nspire で角度をモニタリングする(続き)

If Leonardo uses &ltKeyboard.h> in order to transmit data, TI-Nspire can receive the data from him by using the on.charIn() instead of by opening a serial port. .ino #include <Servo.h> #include <Keyboard.h> #define sigPin 9 #define swPin 12 Servo myservo; int </keyboard.h></servo.h>…

TI-Nspire & Arduino、サーボを使う 3、Keyboard ライブラリーを使って TI-Nspire で角度をモニタリングする

シリアルポートは開かずに Keyboard ライブラリーを使って Leonardo からテキストを取り込む。 Lists & Spreadsheet アプリケーションに取り込んで、Graphs アプリケーションでグラフ化してみる。キーボードから入力するのと同じことなので Word でも Excel …

TI-Nspire & Arduino、サーボを使う 2、シリアルポートを使って TI-Nspire で角度をモニタリングする

Arduino 側では前回と同じことを実行するが、TI-Nspire で角度がモニタリングできるようにする。 .ino #include <Servo.h> #define sigPin 9 Servo myservo; int pos = 0; void setup() { Serial.begin(115200); myservo.attach(sigPin); } void loop() { while(pos <</servo.h>…

TI-Nspire & Arduino、サーボを使う 1、ひとまず Arduino だけで左右に廻す

サンプルスケッチをそのまま実行してみる。スイープの速度は、増分、減分、delay() で調整する。 .ino /* Sweep by BARRAGAN <http://barraganstudio.com> This example code is in the public domain. modified 8 Nov 2013 by Scott Fitzgerald http://www.arduino.cc/en/Tutorial/Swee</http://barraganstudio.com>…

TI-Nspire & Arduino、キーボードから任意の文字列を Arduino へ送る

確認の手段として、Arduino 側で全文字をつなぎ合わせて TI-Nspire へ返す。 .ino String inString = ""; void setup() { Serial.begin(115200); } void loop() { while(Serial.available()) { char c = Serial.read(); if(c != '\n') { inString += c; // …

TI-Nspire & Arduino、キーボードから任意の 1 文字を Arduino へ送る

TI-Nspire のキーボードから任意の 1 文字を Arduino へ送る。 本当に送れたのか確認する手段として、Arduino で何かをしてその処理結果を TI-Nspire へ返す。 .ino void setup() { Serial.begin(115200); } void loop() { while(Serial.available()) { char…

TI-Nspire & Arduino アナログ入力を使う 2 of 2、一定の周期でデータを読み取る

参考: ASI Connection Listener - ticalc.org ASI Temperature - ticalc.org 温度センサー LM35DZ を使う。 Enter キーで ASI を起動し、ASI の準備が整ったらすぐに初回データを読み取って timer をスタートさせ、そのあとは一定周期でデータを読み取る。 …

TI-Nspire & Arduino アナログ入力を使う 1、矢継ぎ早にデータを読み取る

参考: ASI Connection Listener - ticalc.org ASI Temperature - ticalc.org ポテンショメーターとして SoftPot を使う。とにかく矢継ぎ早にデータを読み取る。 画面の数字はアナログ入力電圧の AD 変換値(0 ~ 1023)。 .ino #define sensorPin 5 void set…

TI-Nspire & Arduino を利用した温度計 4 of 4、グラフ化する。

最後にグラフ化してみる。Graphs アプリケーションをそのまま使う。 var.store() コマンドで lua から nspire へデータを渡して scatter plot で描画する。 .ino #include <OneWire.h> #include <DallasTemperature.h> #define ONE_WIRE_BUS 10 OneWire oneWire(ONE_WIRE_BUS); DallasTempera</dallastemperature.h></onewire.h>…

TI-Nspire & Arduino を利用した温度計 3、温度センサーを複数接続する。

参考: Arduino+DS18B20で温度測定してみた - Qiita 今度は OneWire バスにセンサーを複数乗せる。電源はパラサイトパワーにはせず普通に供給する。 .ino #include <OneWire.h> #include <DallasTemperature.h> #define ONE_WIRE_BUS 10 OneWire oneWire(ONE_WIRE_BUS); DallasTemperature sen</dallastemperature.h></onewire.h>…

TI-Nspire & Arduino を利用した温度計 2、少しコードを削る。

エラーは出ない、不安定にもならない、という前提で前回のコードを極力削った。 .ino #include <OneWire.h> #include <DallasTemperature.h> const int ONE_WIRE_BUS = 10; OneWire oneWire(ONE_WIRE_BUS); DallasTemperature sensors(&oneWire); void setup() { Serial.begin(115200); senso</dallastemperature.h></onewire.h>…

TI-Nspire & Arduino を利用した温度計 1、デモを再現する。

まず ASI Temperature - ticalc.org に紹介されているデモを再現してみる。 TI-Nspire はハンドヘルド、マイコンボードは Arduino Leonardo、温度センサーは DS18B20 を使う。 手順: 1. (Student Software しか使わない場合は 1. の作業は不要)C:\Program …

ASI 5 of 5, 接続要求を出す, port:connect(portConnector)

今度はハンドヘルドをホストにして MSP432P401R LaunchPad を接続してみる。怖いので TI-Nspire からは電源をとらない。 USB mini の OTG ケーブルはほとんどない: USB-133A・USB-142 | Ainex USB-133・USB-130 | Ainex -- Tiny ASI-Connection-Listener for…

ASI 4, ポートスキャンを開始する, asi.startScanning(portScanner)

require "asi" -- ステートリスナーを定義する。 function stateListener(state) if state == asi.ON then -- asi の準備が整ったらポートスキャナーにポートスキャンを開始させる。 asi.startScanning(portScanner) end end -- ポートスキャナーを定義する…

ASI 3, ステートリスナーを登録する, asi.addStateListener(stateListener)

-- ステートリスナーを登録する require "asi" -- nspire の asi の現在のステートを監視するステートリスナーを定義する。 -- 現在の asi のステート(on、starting、unsupported のいずれかの文字列)が nspire から渡される。 function stateListener(asi…

ASI 2, asi テーブルの中身を確認する

require "asi" for k, v in pairs(asi) do print(k, v) end BAUD_RATE_9600 9600 CONNECTED connected removeStateListener function: 30558068 UNSUPPORTED unsupported DISCONNECTING disconnecting INVALID invalid READ_TIMEOUT_DEFAULT 1000 CONNECTING…

ASI 1, TI-Nspire(Student Software)と Arduino とを接続してみる

バージョン 4.2(API 2.7)で Asynchronous Serial Interface が正式サポートされた。 Student Software と Arduino Duemilanove 328 とを接続してみる。コードは http://www.ticalc.org/archives/files/fileinfo/466/46657.html から持ってきた。理窟はわか…

フェライト・ビーズ・フィルターの共振作用(によるピーキング)とそのダンピング方法

参考: http://www.analog.com/media/en/technical-documentation/application-notes/AN-1368.pdf(アナログ・デバイセズ) 詳細情報 | EMC対策製品 - チップビーズ | TDK プロダクトセンター コンデンサ | GRM188R71H103KA01#の製品詳細 | 村田製作所 LTspi…

フェライト・ビーズの等価回路

参考: http://www.analog.com/media/en/technical-documentation/application-notes/AN-1368.pdf(アナログ・デバイセズ) LTspice によるシミュレーションシミュレーション回路: インピーダンスの周波数特性(点線は位相): 実数部と虚数部とをエクスポ…

LCR メーター

トランジスタ技術 2014 年 10 月号の記事に従って、mbed を使った LCR メーターを作った。接続図もプログラムも記事どおりなのですぐに出来上がる。何の工夫もない。 ノミナル 5.6 mH のマイクロインダクタ(ぶれているが “L 5.5m” と表示されている): ノ…

気圧計

爆弾低気圧 トランジスタ技術 2014年 02月号 [雑誌](p.86 - 100)の記事に従って作った気圧計(写真左)を使って、爆弾低気圧の発生している今の気圧を測ってみた。約 984〔hPa〕であった。 写真右の基板は、ステップアップ・コンバーター HT7733A を使った…

距離計

超音波測距センサーと赤外線測距センサーとを使って距離計を作った。 とりあえずセンサーとスケッチの動作確認だけした。 最終的には以下のようなモノが出来上がった。 センサー面(左上にあるのが超音波センサー、右上が赤外線センサー): ディスプレイ面…

高性能超音波距離計LV-MaxSonar-EZ1データシート(非公式和訳)

原典:不明 LV-MaxSonar®-EZ1™は、電源電圧2.5~5.5 Vで作動する超小型の超音波センサーです。検出範囲、測距範囲は、ごく短距離から長距離にまで及びます。検出範囲は0~254インチ(6.45メートル)、測距範囲は6~254インチ(1インチ刻み)です。0~6インチ…

非接触温度計

『作って遊べるArduino互換機』に載っている製作例に従って非接触温度計を作ってみた。記事は素に近い状態のセンサーから工作を始めているが、面倒なのでスイッチサイエンスでこれを買った。I2C 用のプルアップ抵抗が最初から実装してある。 扱いやすいよう…

USB DAC

『[DAC基板付き]ヘッドホン・アンプ製作実例集: プロ用高出力タイプから低雑音フルディスクリート・タイプまで (電子工作Hi-Techシリーズ)』の附録の基板を使って USB DAC を作った。基板自体は部品実装済みの完成品なので、カップリング・コンデンサを外付…

クリップ・モーター

モーター・ドライバーのデータシートを翻訳したときに買った本にクリップ・モーターのことが書いてあった。作ってみたがあっけないほど簡単に廻る。 参考文献: イラスト図解 最新小型モータのすべてがわかる 作者: 見城尚志,木村玄,佐渡友茂 出版社/メーカ…

コーラスの製作

『専用プリント基板と付属ICで作るエフェクタ: エレキギターに歪系の定番ファズとコーラスをDIY (プリント基板つき電子工作解説書シリーズ)』に附属していたプリント基板を使ってコーラスを作った。基板があってもこれだけ配線が多いと大変である。 基板の状…

実験用電源

実験用に直流電源を作った。キット (DK-911) なのですぐに出来上がる。