Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

(7/7)リンクされた変数のリンクを解除する

(7/7)リンクされた変数のリンクを解除する リンク済み変数を選択します。 を押します。 変数オプションが表示されます。 [Unlink]を選択します。 リンクが値から解除されます。さらに値は太字の解除された状態で表示されるようになります。

(6/7)変数のロック、ロック解除

(6/7)変数のロック、ロック解除 変数は、ロックしておけば、変更または削除から守ることができます。ロックしておけば、意図せずに変数が変化してしまうことを防ぐことができます。 左のtimeリストおよびaltitudeリストをロックしておけば、問題の改変が防…

(5/7)変数に名前を付ける

(5/7)変数に名前を付ける 変数および函数を自分で作成して名前を付ける場合は、以下の命名規則に従わなければなりません。 注:万一、統計分析に使われる変数またはFinance Solverに使われる変数と同じ名前の変数を作成した場合は、エラーが発生します。現…

(4/7)変数を使用する(リンクする)

(4/7)変数を使用する(リンクする) 自分で作成した変数を共有またはリンクできる機能は、数学の学習にとって強力なツールの1つです。リンクされた変数の表示は、その変数の値が変化すると自動的に更新されます。 共有変数へリンクする 保存済みの変数を使…

(3/7)変数を作成する

(3/7)変数を作成する どれかアプリケーション内でオブジェクトまたは函数を作成した場合、その一部あるいはその属性は変数として保存できます。変数にできる属性の例としては、長方形の面積、円の半径、スプレッドシートの1つのセルに含まれている値、1行…

(2/7)ページ上で変数をリンクする

(2/7)ページ上で変数をリンクする 1つのアプリケーション内で作成または定義された値も函数も、同じプロブレム内であればほかのアプリケーションとデータが共有できます。 リンクされたアイテムを使用するときは以下の点に気を付けてください。 値は、同じ…

(1/7)変数を使う

(1/7)変数を使う 変数とは、同じプロブレム内で何度でも使用できる、定義済みの値のことです。値または函数は、どのアプリケーション内でも変数として定義できます。変数は、同じプロブレム内であればどのTI-Nspire™アプリケーションでも共有されます。た…