読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TI-Nspire用波形生成函数

位相変調(PM)信号生成函数

TI-Nspire 用に位相変調(PM)信号生成函数を作った。 引数は以下の 3 つである。 fc:搬送波の周波数 sig:信号波 m:変調指数 実際に波形を生成してみた。搬送波周波数は 100、信号波は周波数 3 のコサイン波、変調指数は 10 とした。信号波の上り勾配の部…

振幅変調信号(AM 信号)生成函数

TI-Nspire 用に「振幅変調信号(AM 信号)生成函数」を作った。 プログラムを以下に示す。 引数は以下の 3 つである。 fc:搬送波の周波数 sig:変調信号 m:変調度〔%〕 AM 信号を実際に生成してみる。搬送波周波数は 100〔Hz〕、変調信号は 25〔Hz〕のコサ…

矩形波生成函数(続き)

前回作成した矩形波生成函数は、If 文を使っていたせいかフーリエ級数展開ライブラリーで解析できないため、下のように piecewise 函数を使って書き換えた。 実際にパルスを描いてみた。

三角波生成函数

TI-Nspire 用に「三角波生成函数」を作った。前に作成したのこぎり波生成函数を使えば簡単にできる。 のこぎり波を高さの半分だけ y 軸方向に下げ、その絶対値をとることにより、三角波を生成する。 Program Editor に以下のプログラムを入力する。 プログラ…

矩形波生成函数

TI-Nspire 用に「矩形波生成函数」を作った。前に作成したのこぎり波生成函数を使えば簡単にできる。 のこぎり波を y 軸方向に上下させて、値が 0 以上なら Hi を出力し、値が 0 より小なら Lo を出力させるという仕組みでデューティー比を調整する。 ただし…

のこぎり波生成函数

TI-Nspire 用に「のこぎり波生成函数」を作った。組込函数 mod を使う。 mod(a*x, b) と指定すると、傾き a、高さ b ののこぎり波が描ける。Program Editor を使って以下のプログラムを入力する。 Define LibPub saw_tooth(h, l, period)=Func ©(Hi_Level, L…