micro:bit & C/C++

ディジタル GPIO への 2 つのアクセス方法

MicroBit オブジェクト上に作成された MicroBitPin オブジェクトを使う方法: 普通はこれでよい。 #include "MicroBit.h" MicroBit uBit; int main(void){ uBit.init(); for(;;){ uBit.io.P0.setDigitalValue(1); uBit.io.P0.setDigitalValue(0); } return 0;…

micro:bit の最速パルス / ハードウェアを直接制御した場合

参考: Micro: Bit Iot in C, pp.54-56 周波数は約 2.3 MHz であった。ソースコードの意味は今のところまったくわからない。 int main(void) { volatile unsigned int *dirset=(unsigned int *)(0x50000000UL+0x518); volatile unsigned int *outset=(unsigne…

micro:bit の最速パルス / MicroBit.h の場合

mbed オンラインコンパイラーの ボタンをクリックする。 新しいウィンドウが開く。下のように設定して [OK] をクリックする。 main.cpp ファイルを下のように書き換える。ディレイを挟まずに P0 端子をオン、オフするだけのプログラムである。 あとはコンパ…

micro:bit & mbed / L チカをしてみる

参考: Micro: Bit Iot in C, pp.11-14 BBC micro:bit は C/C++ でもプログラミングができる。ここでは mbed のオンラインコンパイラーを使って L チカをしてみる。 Sign | Mbed にアクセスする。 サインインすると、コンパイラーのタブが開く。画面右上にあ…