Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

TI-Nspire & Lua / スクリプティングのヒント / ローカル化する

Reference: http://adriweb.free.fr/t3/2014/Advanced_TI-Nspire_Lua_Programming.pptx, p.4, “ Accessing global variables takes more time than accessing local ones. Always localize your functions! ” timeStart = timer.getMilliSecCounter() for i …

TI-Nspire & Lua / 再帰呼び出し / 階乗を求める / 普通の方法も使ってみる

.lua ---------------------------------------------- -- method 1: Calling a function recursively -- ---------------------------------------------- function factorial1(n) if n == 0 then return 1 else return n * factorial1(n - 1) end end ----…

TI-Nspire & Lua / 再帰呼び出し / 階乗を求める

.lua function factorial(n) if n == 0 then return 1 else return n * factorial(n - 1) end end print(factorial(0)) print(factorial(1)) print(factorial(10)) print(factorial(69)) 参考: Programming in Lua, Fourth Edition p.3

PC-G850VS / マシン語 6 of 6

参考: ポケコンジャーナル、1994 年 4 月号、p.81 作者: Ryu 1;-------------------- 2 ORG 100H 3 CALL 0BFEBH 4 CALL 0BFEBH 5 CALL 0BFEBH 6 CALL 0BFEBH 7 LD E,0 8 LD D,3 9 LD (MYDAT),DE 10 LD L,0 11 LD H,0 12 LD (CODAT),HL 13 LD A,0 14 LD (MIFL…

PC-G850VS / マシン語 5 / IOCS を使ってキー入力を判定する

IOCS: 0BE62H は、アキュムレーターにロードされた文字 (または ASCII コードで指定された文字) を (E,D) 座標に表示する。 0BE53H は、何かキーが押されたら、あらかじめ割り振ってあるキー番号 (ASCII コードではない) をアキュムレーターにロードする。 0…

PC-G850VS / マシン語 4 / 繰り返し処理

例 1. 無条件ループ 100LOOP: ... ... 200 JP LOOP 例 2. カウンターが 100 になるまで繰り返す 100 LD A,0 110LOOP: ... ... 200 INC A 210 CP 100 220 JP NZ,LOOP 230 RET 例 3. カウンターが 0 になるまで繰り返す 100 LD A,100 110LOOP: ... ... 200 DEC…

PC-G850VS / マシン語 3 / 文字を動かす

100 ORG 100H 110 LD E,0 ;横座標 120 LD D,2 ;縦座標 130LOOP: ;行番号とラベルとの間にスペースを入れてはならない。 140 LD A,'A' ;表示する文字をアキュムレーターにロードする。 141 PUSH DE ;IOCS を呼ぶ前にレジスタの値を待避しておく。 150 CALL 0B…

PC-G850VS / マシン語 2 / IOCS を使って文字を表示する

A レジスタ (アキュムレーター) に、表示する文字を代入する。 D レジスタ (汎用レジスタ) に、文字を表示する縦座標を代入する。 E レジスタ (汎用レジスタ) に、文字を表示する横座標を代入する。 10 ORG 100H 20 LD A,'A' 30 LD D,0 40 LD E,0 50 CALL 0B…

PC-G850VS / マシン語 1 / アセンブリをアセンブラでアセンブルする

1. BASIC 画面で「MON」と入力してマシン語モニターを起動する。 2.「USER FFF」と入力する。"FREE:0100-0FFF" と表示される。これで 100h ~ FFFh 番地のメモリーがマシン語プログラム用に確保された。 3. [TEXT] ボタン → [Edit] の順に選択する。 4. 例と…

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼る

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / コルーチンを使ってみる TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / クロージャを使ってみる TI-Nspire…

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / クラスを使ってみる

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / コルーチンを使ってみる TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / クロージャを使ってみる の続き Ev…

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / クロージャを使ってみる

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / コルーチンを使ってみる の続き Every time a timer ticks, the following script will return the elapsed time. As a trial, a closure has been used. .lu…

TI-Nspire & SensorTag / 重力加速度から傾きを求める / 3 軸を使う

Triple-Axis Tilt Calculation: Reference: http://www.analog.com/media/en/technical-documentation/application-notes/AN-1057.pdf (Analog Devices) .lua require "bleCentral" bleState = "" peripheralState = "" myPeripheral = nil peripheralName =…

TI-Nspire & SensorTag / 重力加速度から角度を求める / 2 軸を使う

The output of an accelerometer can be converted to an angle of inclination. In this note, a Dual-Axis approach will be used to calculate an angle of inclination. .lua require "bleCentral" bleState = "" peripheralState = "" myPeripheral = n…

TI-Nspire & SensorTag / 重力加速度から傾きを求める / 1 軸だけ使う

The output of an accelerometer can be converted to an angle of inclination. In this note, a single axis will be used to calculate an angle of inclination. .lua require "bleCentral" bleState = "" peripheralState = "" myPeripheral = nil peri…

TI-Nspire & SensorTag / 9 軸センサーモジュール MPU9250 の値だけを取り出す

Reference: Scripting Tutorial - Lesson 36 Orientation of Axes (Source: https://www.invensense.com/wp-content/uploads/2015/02/PS-MPU-9250A-01-v1.1.pdf) Setting the Configuration UUID (Source: CC2650 SensorTag User's Guide - Texas Instrument…

TI-Nspire & SensorTag / 気象データの長時間測定をおこなう

Weather data have been obtained from a TI SensorTag every ten minutes. Measurement Period: December 2nd, 2016 10:00 PM - December 3rd, 2016 10:00 AM The time unit is minute. .tns 20161202-03_weatherData.tns - Google ドライブ

TI-Nspire & SensorTag / 気象関連のデータをリアルタイムにグラフ化する

The following Lua script will obtain weather data from TI SensorTag. Those data will be stored into the native applications of TI-Nspire by the var.storeAt() function. The Graphs application can plot them as a scatter plot in real-time. .l…

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / コルーチンを使ってみる

Every time a timer ticks, the following script will return the elapsed time. As a trial, a co-routine has been used. .lua function elapsedTime() local initTime = timer.getMilliSecCounter() for i = 1, math.huge do coroutine.yield((timer.get…

TI-Nspire & SensorTag / 気象関連のデータを全部一度に取り出す

The following script will try to extract weather data from CC2650 SensorTag. .lua require "bleCentral" local bleState = "" local peripheralState = "" local myPeripheral = nil local peripheralName = "" -- Temperature TMP007 = { name = "TMP0…

TI-Nspire & SensorTag / 照度センサー OPT3001 の値だけを取り出す

(photo: http://www.ti.com/ww/en/wireless_connectivity/sensortag2015/tearDown.html) .lua -- Refere to http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut35.html. require "bleCentral" local bleState = "" local peripheralState = "" l…

TI-Nspire & SensorTag / 大気圧センサー BMP280 の値だけを取り出す

(photo: http://www.ti.com/ww/en/wireless_connectivity/sensortag2015/tearDown.html) .lua -- Refere to http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut35.html. require "bleCentral" local bleState = "" local peripheralState = "" l…

TI-Nspire & SensorTag / 湿度センサー HDC1000 の値だけを取り出す

(photo: http://www.ti.com/ww/en/wireless_connectivity/sensortag2015/tearDown.html) .lua -- Refere to http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut35.html. require "bleCentral" local bleState = "" local peripheralState = "" l…

TI-Nspire & SensorTag / 温度センサー TMP007 の値だけを取り出す

(photo: http://www.ti.com/ww/en/wireless_connectivity/sensortag2015/tearDown.html) .lua -- Refere to http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut34.html. require "bleCentral" local bleState = "" local peripheralState = "" l…

BLE早わかり

非公式訳(原典: https://www.arduino.cc/en/Reference/CurieBLE) CurieBLEライブラリー Arduino/Genuino 101とCurieBLEライブラリーとを組み合わせると、BLEの機能が使えるようになって、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを相手にデータのやり取…

TI-Nspire & SensorTag / ボタンの状態を受信する / シンプル版

The previous script has been rewritten with no decorations. The process flow is as follows: 1. The ble.addStateListener() registers a state listener. 2. The bleCentral.startScanning() gets a scanner to scan peripherals. 3. The connect() ge…

TI-Nspire & SensorTag / ボタンの状態を受信する / compasstech.com.au 版

The following script, from http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut31.html, will try to read the state of SensorTag's buttons. Do not press and hold any button for too long, or powering off or mode changing will occur. …

TI-Nspire & BLE / Tiny BLE-Connection-Listener / LaunchPad と Grove BLE

Some changes have been made to the previous script. .lua -- Tiny BLE-Connection-Listener for TI-Nspire -- Tap the right half of the screen to start scanning to connect. -- Tap the left half of the screen to disconnect. -- You can view UUID…

TI-Nspire & BLE / Tiny BLE-Connection-Listener / Genuino 101 と SensorTag

Some changes have been made to the previous script. .lua -- Tiny BLE-Connection-Listener for TI-Nspire -- Tap the right half of the screen to start scanning to connect. -- Tap the left half of the screen to disconnect. -- You can view UUID…

TI-Nspire & BLE / Tiny BLE-Connection-Listener / SensorTag

The connection flow is as follows: The ble.addStateListener() function registers a listener-callback. The bleCentral.startScanning() function gets a scanner-callback to scan peripherals. The connect() function gets a connector-callback to …

TI-Nspire & BLE / SimpleLink SensorTag をつなぐ

The following script, which is from http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut30.html, will try to establish a connection with BLE devices. .lua -- Source: http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut30.ht…

TI-Nspire & Arduino / 温度・湿度・気圧計 4 of 4 / Graphs アプリケーションでグラフ化する

Nspired-Lua hands off the received data to the Nspire's native applications by using var.store(). .ino #include <Adafruit_BME280.h> boolean gotInitData = false; unsigned long initTime; Adafruit_BME280 bme; void setup() { Serial.begin(115200); bme.begin(); } </adafruit_bme280.h>…

TI-Nspire & Arduino / 温度・湿度・気圧計 3 / サンプルスケッチを変える

When receiving 't' via a serial port, Leo transmits some data via the port in the format of a space-delimited string, "elapsedSeconds△Celsius△humidity△hectopascal". #include <Adafruit_BME280.h> boolean gotInitData = false; unsigned long initTime; float elaps</adafruit_bme280.h>…

TI-Nspire & Arduino / 温度・湿度・気圧計 2 / サンプルスケッチを試す

youtu.be The necessary libraries can be obtained from GitHub - adafruit/Adafruit_BME280_Library: Arduino Library for BME280 sensors and GitHub - adafruit/Adafruit_Sensor: Common sensor library. The following sketch assumes connection of th…

TI-Nspire & Arduino / 温度・湿度・気圧計 1 / モジュール同士を接続する

Bosch BME280 offers a choice of using I2C or SPI. In this example, I2C will be used. If an Adafruit BME280 breakout board can be bought in your location, a logic-level converter is not required.

TI-Nspire & Arduino、超音波距離計 4 of 4、超音波モジュールをサーボに載せて左右に振る(続き)

A Micro, a servo, and a battery pack can be put together on a long breadboard. .ino #include <Servo.h> #define ultraPin 7 #define servoPin 9 int deg = 0; class Ultrasonic { public: Ultrasonic(int pin); void DistanceMeasure(void); float microseconds</servo.h>…

TI-Nspire & Arduino、超音波距離計 3、超音波モジュールをサーボに載せて左右に振る

An ultrasonic module mounted on a servo horn acts just like a radar or a sonar. Leo transmits data to TI-Nspire in the format of a space-delimited string, "range△degree". Drawing residual images makes the display appear to be a radar. .ino…

TI-Nspire & Arduino、超音波距離計 2、シリアルポートを使って TI-Nspire の画面に距離を表示する

TI-Nspire receives range data from a Leo who has opened a serial port, and shows them on its screen. .ino class Ultrasonic { public: Ultrasonic(int pin); void DistanceMeasure(void); float microsecondsToCentimeters(void); private: int _pin;…

TI-Nspire & Arduino、超音波距離計 1、サンプルスケッチを試す

The following sketch drives an Ultra Sonic range measurement module - Sensor - Seeed Studio to measure distances. .ino /***************************************************************************/ // Function: Measure the distance to obsta…

メタメソッドで四則演算子をオーバーロードする

.lua -- How to use metamethods in Lua. list1 = {1, 2, 3} list2 = {5, 7, 9} function myAdd(listA, listB) local listSute = {} for i = 1, #listA do listSute[i] = listA[i] + listB[i] end return listSute end function mySub(listA, listB) local l…

TI-Nspire & Arduino、サーボを使う 4 of 4、Keyboard ライブラリーを使って TI-Nspire で角度をモニタリングする(続き)

If Leonardo uses &ltKeyboard.h> in order to transmit data, TI-Nspire can receive the data from him by using the on.charIn() instead of by opening a serial port. .ino #include <Servo.h> #include <Keyboard.h> #define sigPin 9 #define swPin 12 Servo myservo; int </keyboard.h></servo.h>…

TI-Nspire & Arduino、サーボを使う 3、Keyboard ライブラリーを使って TI-Nspire で角度をモニタリングする

シリアルポートは開かずに Keyboard ライブラリーを使って Leonardo からテキストを取り込む。 Lists & Spreadsheet アプリケーションに取り込んで、Graphs アプリケーションでグラフ化してみる。キーボードから入力するのと同じことなので Word でも Excel …

TI-Nspire & Arduino、サーボを使う 2、シリアルポートを使って TI-Nspire で角度をモニタリングする

Arduino 側では前回と同じことを実行するが、TI-Nspire で角度がモニタリングできるようにする。 .ino #include <Servo.h> #define sigPin 9 Servo myservo; int pos = 0; void setup() { Serial.begin(115200); myservo.attach(sigPin); } void loop() { while(pos <</servo.h>…

TI-Nspire & Arduino、サーボを使う 1、ひとまず Arduino だけで左右に廻す

サンプルスケッチをそのまま実行してみる。スイープの速度は、増分、減分、delay() で調整する。 .ino /* Sweep by BARRAGAN <http://barraganstudio.com> This example code is in the public domain. modified 8 Nov 2013 by Scott Fitzgerald http://www.arduino.cc/en/Tutorial/Swee</http://barraganstudio.com>…

TI-Nspire & Arduino、キーボードから任意の文字列を Arduino へ送る

確認の手段として、Arduino 側で全文字をつなぎ合わせて TI-Nspire へ返す。 .ino String inString = ""; void setup() { Serial.begin(115200); } void loop() { while(Serial.available()) { char c = Serial.read(); if(c != '\n') { inString += c; // …

TI-Nspire & Arduino、キーボードから任意の 1 文字を Arduino へ送る

TI-Nspire のキーボードから任意の 1 文字を Arduino へ送る。 本当に送れたのか確認する手段として、Arduino で何かをしてその処理結果を TI-Nspire へ返す。 .ino void setup() { Serial.begin(115200); } void loop() { while(Serial.available()) { char…

TI-Nspire & Arduino アナログ入力を使う 2 of 2、一定の周期でデータを読み取る

参考: ASI Connection Listener - ticalc.org ASI Temperature - ticalc.org 温度センサー LM35DZ を使う。 Enter キーで ASI を起動し、ASI の準備が整ったらすぐに初回データを読み取って timer をスタートさせ、そのあとは一定周期でデータを読み取る。 …

TI-Nspire & Arduino アナログ入力を使う 1、矢継ぎ早にデータを読み取る

参考: ASI Connection Listener - ticalc.org ASI Temperature - ticalc.org ポテンショメーターとして SoftPot を使う。とにかく矢継ぎ早にデータを読み取る。 画面の数字はアナログ入力電圧の AD 変換値(0 ~ 1023)。 .ino #define sensorPin 5 void set…

TI-Nspire & Arduino を利用した温度計 4 of 4、グラフ化する。

最後にグラフ化してみる。Graphs アプリケーションをそのまま使う。 var.store() コマンドで lua から nspire へデータを渡して scatter plot で描画する。 .ino #include <OneWire.h> #include <DallasTemperature.h> #define ONE_WIRE_BUS 10 OneWire oneWire(ONE_WIRE_BUS); DallasTempera</dallastemperature.h></onewire.h>…

TI-Nspire & Arduino を利用した温度計 3、温度センサーを複数接続する。

参考: Arduino+DS18B20で温度測定してみた - Qiita 今度は OneWire バスにセンサーを複数乗せる。電源はパラサイトパワーにはせず普通に供給する。 .ino #include <OneWire.h> #include <DallasTemperature.h> #define ONE_WIRE_BUS 10 OneWire oneWire(ONE_WIRE_BUS); DallasTemperature sen</dallastemperature.h></onewire.h>…