Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Luaレッスン6.1「[Graph]ウィンドウを設定する」和訳

原典:

http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut6.html

レッスン6.1「[Graph]ウィンドウを設定する」

今回のレッスンはクイック・スタートですので、ドキュメントTIDE.tnsを使って素早くかつ簡単に、TI-Nspireだけでスクリプトの作成とテストとを行います。このチュートリアルのサポート・ファイルをダウンロードすると、その中に、読み取り専用の空のTIDEドキュメントと、完成バージョンとがあるはずです。スクリプトは、TIDEドキュメントの最初のページに作成してください。そうすれば、page 1.2で自動的にそのスクリプトが実行されます。

まず、page 1.2を上下に分割し、下の枠に[Graph]ウィンドウを挿入してください。グリッド表示をオンにし、グリッド・ポイントにポイントを配置してください。このポイントを右クリックし、[Coordinates & Equations]を選択します。x座標の値を右クリックし、それをpxとしてストアします。y座標の値をpyとしてストアします。これで準備が整いました。 

ムービー(http://compasstech.com.au/TNS_Authoring/Scripting/script_tut6/script61.mov

Remove all ads