tCollect()

tCollect()

 

tCollect(Expr1) ⇒ expression

 

構文tCollect(式1)
返り値

 

サイン、コサインの積および整数乗が、角度の整数倍、角度の和、角度の差を引数とするサイン、コサインの線形結合に変換されて返される。この変形によって、三角多項式が高調波の線形結合に変換される。

デフォルトのtrigonometric simplification(三角法的な簡約?)では目標が達成されない場合でも、tCollect()ならそれが達成できることがある。tCollect()では、tExpand()による変形の逆の処理が行われる傾向にある。tCollect()の実行結果にtExpand()を適用するか、逆にtExpand()の実行結果にtCollect()を適用する、すなわち2つの手順を踏むことにより、式の簡約化されることがある。

f:id:ti-nspire:20141127105116j:plain

広告を非表示にする