Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

(06/36)グラフの特徴点を見つける

グラフの特徴点を見つける

Graphsアプリケーションでは、ゼロ点、極小値、極大値、交点、微分係数(dy/dx)、積分値が簡単に見つけられます。円錐曲線として定義されたグラフについては、焦点、準線、その他のポイントも見つけることが可能です。

CASの場合変曲点も見つけられます。

 

ポイントをドラッグしてグラフの特徴点を見つける

▶ 極大値、極小値、ゼロ点をすばやく見つけるときは、グラフ上にポイントを配置し、そのポイントをドラッグしてください。 

ドラッグしているときに何らかの特徴点にさしかかると、一時的に表示が出ます。

f:id:ti-nspire:20141230111439j:plain

 

分析ツールを使って特徴点を見つける 

ここでは、[Minimum]ツールの使用例を示します。ほかの分析ツールも操作は同様です。 

  1. [Analyze Graph]メニューから[Minimum]を選択します。

[Minimum]アイコンがワーク・エリアの左上に表示され、"graph?"プロンプトがワーク・エリアに現れます。

f:id:ti-nspire:20141230111509j:plain

  1. どのグラフの極小点を見つけるのかを指定するため、目的のグラフをクリックします。 

捜索範囲の下限を示す点線が現れます。

 

f:id:ti-nspire:20141230111621j:plain

 

  1. 実際の捜索範囲の下限までこの点線をドラッグするか、実際の捜索範囲の下限をクリックするか、いずれかの操作をおこなうと、そこが捜索範囲の下限に設定されます。すると、捜索範囲の上限を示す点線が現れます。

    f:id:ti-nspire:20141230111653j:plain 

  1. 同じように、実際の捜索範囲の上限までこの点線をドラッグするか、実際の捜索範囲の上限をクリックするか、いずれかの操作をおこない、捜索範囲の上限を設定します。

極小値がその座標とともに表示されます。

f:id:ti-nspire:20141230111731j:plain

 

 

 

Remove all ads