Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

(24/36)グラフまたはプロットをトレースする

TI-Nspireガイドブック和訳「Graphsアプリケーション」

グラフまたはプロットをトレースする 

[Graph Trace]ツールを使うと、グラフかプロットかいずれかのポイントに沿ってトレース・カーソルを動かして値情報を表示させることができます。

 

特定のグラフをトレースする 

  1. [Trace]メニューから[Graph Trace]を選択します。 

[Graph Trace]ツールがワーク・エリアの上端に現れ、トレース・カーソルが表示され、そのカーソルの座標が右下に表示されます。

f:id:ti-nspire:20150112093946j:plain

  1. グラフまたはプロットを調べる 

-      グラフ上またはプロット上のどこか1点をポイントすると、そこにトレース・カーソルが移動します。

-      ◄または►を押すと、現在のグラフまたはプロットに沿ってカーソルが少しずつ移動します。画面は、トレース・カーソルが常に表示されるよう自動的に上下左右に移動します。

-      ▲または▼を押すと、表示されている各グラフに順番にトレース・カーソルが移動します。 

-      トレース・カーソルをクリックすると、そこにポイントが設定できます。(訳註:おそらく原文の間違い。Enterキーを押すと、トレース・カーソルの配置されていたところにポイントが設定される)また、特定の値を入力して、その値のところへトレース・カーソルを移動させるという方法もあります。(訳註:[Graph Trace]ツールの起動しているときに、ただx座標の値を入力してEnterキーを押せばよい)

  1. トレースを終えるときはEscキーを押します。

 

すべてのグラフを一斉にトレースする 

[Trace All]ツールを使うと、複数の函数が同時にトレースできます。複数の函数がワーク・エリアにグラフ化された状態で以下の手順を実行してください。

[Trace All]ツールは函数グラフしかトレースしません。ほかの関係式(極方程式、媒介変数方程式、散布図、数列)のプロットはトレースしません。 

  1. [Trace]メニューから[Trace All]を選択します。 

[Trace All]ツールがワーク・エリアに現れます。垂直線は、トレースのx値を示しています。トレースされた各ポイントの座標が右下に表示されます。

f:id:ti-nspire:20150112094118j:plain

  1. 各グラフを調べます。 

-      x軸上のどこかをクリックすると、そのx値のところへすべてのトレース・ポイントが移動します。

-      ◄または►を押すと、すべてのグラフに沿ってトレース・ポイントが少しずつ移動します。 

  1. トレースを終えるときはEscキーを押します。

 

[Trace Step](トレースの刻み幅)を変更する 

  1. [Trace]メニューから[Trace Step]を選択します。

    f:id:ti-nspire:20150112094202j:plain 

  1. [Automatic]を選択するか、トレースの刻み幅を具体的に入力するかします。
Remove all ads