Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Nspire の組込函数を Lua で使う(2)

Nspired Lua
-- Nspire の組込函数だけでなく Nspire のユーザー定義函数も Lua で利用できる。
-- CAS も Lua で利用できる。
platform.apiLevel = '1.0'

local radius = 1
var.store("radius", radius) -- Lua と Nspire とで変数名が同じでもよい。
                
function on.paint(gc)
   local ans = {-- 1. 半径 radius の球の体積を普通に計算する。
                 4/3 * math.pi * radius^3,                     

                 -- 2. Nspire の組込函数で半径 radius の球の体積を求める。
                 -- 先に半径を var.store() 函数で Nspire に渡しておく。
                 math.eval("4/3 * pi * radius^3"),

                 -- 3. 同上。ただし半径も expression と一緒に Nspire へ渡す。
                 math.eval("(4/3 * pi *"..radius.."^3)"),
 
                 -- 4. Nspire 側で作ったユーザー定義函数 misc\vol_sph() で半径 radius の球の体積を求める。
                 math.eval("misc\\vol_sph(radius)"),

                 -- 5. Nspire の integral() 函数で球の体積の公式(厳密解)を求める。
                 -- pi * (r^2 - x^2) を -r から r まで x で積分する。
                 -- true オプションを付けると厳密解が求まる。
                 -- Nspire の string() 函数で文字列に変換してから受け取る。
                 math.eval("string(integral(pi * (r^2 - x^2), x, -r, r))", true),}
   for i = 1, #ans do
      gc:drawString(i..":     "..ans[i], 5, i * 20)
   end
end

ハンドへルド・ビュー:
f:id:ti-nspire:20150304184732j:plain

Remove all ads