Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

(8)misc.(avgRC()、centralDiff())

TI-Nspire + 微積分 TI-Nspire 組込函数

構文:

  • avgRC(<式>, <変数> [= <値>] [, <差分>])
  • avgRC(<式>, <変数> [, <差分>]) [| <変数> = <値>]
  • centralDiff(<式>, <変数> [= <値>] [, <差分>])
  • centralDiff(<式>, <変数> [, <差分>]) [| <変数> = <値>

avgRC() は、前進差分法(forward-difference quotient(average rate of change)、前進微分商(平均変化率))でグラフの傾きを返す。差分を負にすれば後退差分になる。

centralDiff()は、中心差分法(central difference quotient、中心微分商)でグラフの傾きを返す。

代数のまま計算させると、教科書の最初に出てきそうな式が導ける。

f:id:ti-nspire:20150318085842j:plain

 

 

定義どおりに導函数を求めてみる。

f:id:ti-nspire:20150318091728j:plain

Remove all ads