Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

(15)重力による物体の落下(Graphs アプリケーションで近似解を直接描く)

y'' = -g を下のように 1 階の連立に変える。

y1 を高さとする。

y1' = y2 を速さとする。

y1'' = y2' = -g を加速度とする。

 

初期条件は前回と同じく、最初の高さ y1(0) = 5、初速 y2(0) = 6 とする。

f:id:ti-nspire:20150409100534j:plain

f:id:ti-nspire:20150409100540j:plain

ステップを細かく刻んだので厳密解との違いはほとんどない。

f:id:ti-nspire:20150409100545j:plain

参考:

Excelで学ぶ微分方程式

Excelで学ぶ微分方程式

 

 

Remove all ads