読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / クラスを使ってみる

TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / コルーチンを使ってみる
TI-Nspire & Lua / タイマーの tick するたびに経過時間を出力する / グローバル変数に頼らない / クロージャを使ってみる の続き
 
Every time a timer ticks, the following script will return the elapsed time.
As a trial, a class has been used.
.lua

elapsedTime = class()
function elapsedTime:init()
    self.counter = 0
    self.initTime = timer.getMilliSecCounter()
end
function elapsedTime:measure()
   self.counter = self.counter + 1
   return (timer.getMilliSecCounter() - self.initTime) / 1000, self.counter
end

---------------------------------------
---------------------------------------
---------------------------------------
function on.construction()
   timer.elapsedTime = elapsedTime()
   var.store("time", {})
   on.timer()
   timer.start(2)
end
function on.timer()
   local Time, At = timer.elapsedTime:measure()
   var.storeAt("time", Time, At)
end
広告を非表示にする