PIC16F1789 & MPUトレーナー 2 / フレームワークを作成する

参考: 定番!ARMキット&PIC用Cプログラムでいきなりマイコン制御[DVD-ROM付き] (マイコン活用シリーズ), p.28-36

以降共通して使用するためのフレームワークを作成する。

1. MPLAB X IDE を起動し、メニューバーから [File] > [New Project] の順に選択する。
f:id:ti-nspire:20170226051843p:plain:h200

2. [New Project] ウィンドウが開くので、[Categories] ペインの [Microchip Embedded] を選択し、[Projects] ペインの [Standalone Project] を選択し、[Next] をクリックする。
f:id:ti-nspire:20170226052244p:plain:h200

3. [Device] ドロップダウンボックスで [PIC16F1798] を選択してから [Next] をクリックする。
f:id:ti-nspire:20170226052546p:plain:h200

4. [Supported Debug Header] は [None] のまま [Next] をクリックする。
f:id:ti-nspire:20170226052733p:plain:h200

5. [PICkit3] を選択して [Next] をクリックする。
f:id:ti-nspire:20170226052852p:plain:h200

6. [XC8 (v1.41) ~] を選択して [Next] をクリックする。
f:id:ti-nspire:20170226053014p:plain:h200

7. [Project Name] フィールドに「framework」と入力する。必要なら [Project Location] も変更する。[Encoding] ドロップダウンボックスから [Shif-JIS] を選択する。[Finish]をクリックする。
f:id:ti-nspire:20170226053830p:plain:h200

8. メニューバーから [Tools] > [Embedded] > [MPLABⓇ Code Configurator v3: Open/Close] の順に選択する。
f:id:ti-nspire:20170226054027p:plain

9. [Package] ドロップダウンボックスから [PDIP40] を選択する。
f:id:ti-nspire:20170226054707p:plain:h200

10. 左側にある [Device Resources] ペインで [ADC] [CCP1] [EUSART] [MSSP] [TMR0] [TMR1] [TMR2] の 7 つのペリフェラルをそれぞれダブルクリックする。
f:id:ti-nspire:20170226055622p:plain:h200

11. すると、今選択した 7 つのペリフェラルが、左側にある [Project Resources] ペインに追加される。
f:id:ti-nspire:20170226055932p:plain:h200

12. System を下のように設定する。
f:id:ti-nspire:20170226060843p:plainf:id:ti-nspire:20170226060942p:plain

13. ADC を下のように設定する。
下の図の 2 つの鍵マークをクリックしてアンロック状態 (f:id:ti-nspire:20170226061622p:plain:h15) からロック状態 (f:id:ti-nspire:20170226061640p:plain:h15) にする。
f:id:ti-nspire:20170226061450p:plain:h100
すると 右上の図が下のようになる。
f:id:ti-nspire:20170226061806p:plain:h200
さらに下のように設定する。
f:id:ti-nspire:20170226062133p:plain

14. EUSART を下のように設定する。
f:id:ti-nspire:20170226062646p:plain
TX ピン、RX ピンが自動的に割り当てられる。
f:id:ti-nspire:20170226062752p:plain:h200

15. MSSP を下のように設定する。
f:id:ti-nspire:20170226063019p:plain

16. Timer1 を下のように設定する。
f:id:ti-nspire:20170226063355p:plain

17. Timer0 を下のように設定する。
f:id:ti-nspire:20170226063958p:plain

18. PWM を設定する。
f:id:ti-nspire:20170226064153p:plain

19. GPIO を下のように設定する。
f:id:ti-nspire:20170226070134p:plain
ピンアサインは最終的に下のようになる。
f:id:ti-nspire:20170226070203p:plain:h200

20. [Generate] ボタンを押してソースコードを生成する。
f:id:ti-nspire:20170226070308p:plain:h150

広告を非表示にする