TI-Nspire & Lua / 独自のイテレーターを作る、それに意味のないとき

リストの from 番目の要素から要素を num 個巡廻する。リストは循環しているものとする。

function loop(list, from, num)
   local dim     = #list
   local num     = num or dim
   local iGlobal = 0
   local iLocal  = (from or 1) - 1
   return function()
             iGlobal = iGlobal + 1
             iLocal  = iLocal % dim + 1
             if iGlobal > num then
                return nil
             else
                return iGlobal, iLocal, list[iLocal]
             end
          end
end

-- 確かめる。
sute = {10, 20, 30, 40, 50}
for iG, iL, val in loop(sute, 3, 10) do
   print(iG, iL, val)
end
-- これと同じことである。
sute = {10, 20, 30, 40, 50}
iGlobal = 1
for i = 3, 12 do
   local iLocal = (i - 1) % #sute + 1
   print(iGlobal, iLocal, sute[iLocal])
   iGlobal = iGlobal + 1 
end

f:id:ti-nspire:20170429120015p:plain:w400

広告を非表示にする