LabVIEW & myDAQ 4 / MAX のテストパネルで動作確認をする 2 / アナログ入力 (AI) を使う

参考: ミニ・アダプタmyDAQとLabVIEWで作るMy実験ベンチ: パソコンに取り込んで計測・制御思いのままに (計測・制御シリーズ), p.38-39

  1. MAX を起動する。
  2. 左のペインで [マイシステム]、[デバイスとインタフェース] の順に展開して [NI myDAQ "myDAQ1"] を選択してから、中央のペインにある [テストパネル] ボタンをクリックする。
    f:id:ti-nspire:20170809073725p:plain:w400
  3. [テストパネル] ウィンドウが開いたら、[アナログ入力] タブを選択する。
  4. [チャンネル名] ドロップダウンリストから [myDAQ1/ai0] を選択する。
  5. 下のように接続して [開始] ボタンをクリックすると、測定が始まる。DMM 端子のときと違って平均化されないため、値の変動しているのが見える (変動しすぎているが今はこのままにしておく)。
    f:id:ti-nspire:20170809083326p:plain:w300 f:id:ti-nspire:20170809083340j:plain:w300 f:id:ti-nspire:20170809080816p:plain:w345