LabVIEW & myDAQ 14 / ELVISmx 5 / Dynamic Signal Analyzer を使う

参考: ミニ・アダプタmyDAQとLabVIEWで作るMy実験ベンチ: パソコンに取り込んで計測・制御思いのままに (計測・制御シリーズ), p.62-65

スペアナのようなものである。

  1. ELVISmx を起動し、[Function Generator] と [Dynamic Signal Analyzer] とをクリックする。
  2. 前回の CR ローパスフィルターのときと同じ接続にする。
  3. Function Generator から CR ローパスフィルターへ何らかの信号を入力し、その出力を Dynamic Signal Analyzer で観測する。

    これが入力信号のスペクトル分布と波形 (三角波):
    f:id:ti-nspire:20170828191115p:plain:w400

    これが出力信号のスペクトル分布と波形 (三角波がなまって正弦波に近くなっている):
    f:id:ti-nspire:20170828191723p:plain:w300

    接続は前回とまったく同じ:
    f:id:ti-nspire:20170828192222j:plain:w300