2022-05-24から1日間の記事一覧

Simulink / 1-D Lookup Tableブロックから[外挿法]の設定まで

クリップにすると外挿(補外)されない。 関数値の近似方法 - MATLAB & Simulink - MathWorks 日本クリップ — 外挿を無効にし、ブレークポイント データセット範囲の最後に対応するテーブル データを返します。範囲外の値に対しては保護されません。

Simulink / [デバッグ]タブから[信号の次元]まで

デバッグ 情報のオーバーレイ 信号 信号の次元

Simulink / Math Functionブロックのブロック パラメーター

バーチャル何とか

信号タイプ - MATLAB & Simulink - MathWorks 日本 "バーチャル信号" とは、他の信号またはその一部を視覚的に表す信号です。バーチャル信号は、単に視覚的なものです。したがって、Simulink でモデルをシミュレーションするときは無視されます。また、生成…

Simulink / MATLAB Functionブロックから[シンボル]ペインまで

MATLAB Functionブロックをダブルクリック [モデル化]タブ [設計]セクション [[シンボル]ペイン] ボタン ↓ これが[シンボル]ペイン ↓ [データの作成]ボタン

interrupt vector

動詞は /インタラプトゥ/ 名詞は /インタラプトゥ/ コンピュータ用語の哲学―ラジカルなコンピュータ用語辞典, p.504 割り込みベクタ(略) 割り込みに対応し割り込みを処理するプログラムである「割り込みハンドラ(interrupt handler)」は,(略)。 割り込みハ…

Simulink / From Fileブロック / ワークスペースからSimulinkへ何かを読み込む

R2013bのFrom Fileのヘルプによると、読み込み元の.matファイルはarray、timeseriesのどちらの形式でもよいが、array形式の場合その信号は Use array format only for vector, double, noncomplex signals. でなければならない。すなわち、 vectorでなければ…