f 特を測る

EDUX1002G は FG を内蔵しているので単体でボード線図 (Bode線図) が描ける。ここでは RC ノッチフィルターの f 特を測ってみる。
 

  1. [Analyze] ボタンを押す。
  2. [Features] ソフトキーを押し、Entry ノブを廻して [Frequency Response Analysis] を選択する。
  3. [Setup] ソフトキーを押し、プローブチャンネル、開始周波数、停止周波数、振幅、出力負荷の各設定を行う。
  4. 下のように接続する。値は全部ノミナルである。
    f:id:ti-nspire:20171204085904j:plain:h200 f:id:ti-nspire:20171204085728p:plain:h200
  5. [Run Analysis] ソフトキーを押すと FG のスイープが始まる。
    f:id:ti-nspire:20171204090044p:plain:w400

 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
LTspice によるシミュレーション (参考: 回路シミュレータLTspiceで学ぶ電子回路 第2版, pp.382-383):
f:id:ti-nspire:20171204090917p:plain:w400
notch.asc - Google ドライブ