Saleae Logicユーザーズガイド / pp.55-60 / プロトコルアナライザーの使用(非公式訳)

プロトコルアナライザーを使う

プロトコルアナライザーは、SPIやI2Cなどのプロトコルに従ってエンコードされたデータをデコードする働きをします。Logicソフトウェアには現在、23種類のプロトコルアナライザーが用意されています。

プロトコルアナライザーを追加する

プロトコルアナライザーを追加するときは、画面右側の[Analyzers]サイドバーにある[+]ボタンをクリックします。
f:id:ti-nspire:20180621141615p:plain:w400

アナライザーの設定

どのプロトコルアナライザーも、当のプロトコルの入力信号をどのチャンネルに割り当てるのかを指定する必要があります。
f:id:ti-nspire:20180621141933p:plain:w400

プロトコルアナライザーを実行しても機能しない場合、あるいは正しく表示されない場合は、設定を変えてみてください。たとえばSPIアナライザーは、データに正確に一致するように設定しておかないと、正しくデコードされません。
f:id:ti-nspire:20180621142324p:plain:w400

使用中のアナライザーの設定を編集するときは、画面右側の[Analyzers]パネルで目的のアナライザーを見つけ、その歯車ボタンをクリックして[Edit Settings]を選択します。
f:id:ti-nspire:20180621142559p:plain:w400

アナライザーの設定を編集すると、蒐集されたデータがもう一度そのアナライザーで処理され、すべての結果が更新されます。

全体に適用される進数設定(16進数、10進数など)を変更する

特に設定しない限り、この進数設定がすべてのプロトコルアナライザーに適用されます。

全体に適用される進数設定を変更するときは、画面右上にある[Options]ボタンをクリックし、必要な進数([Ascii]、[Ascii & Hex]、[Bin]、[Dec]、[Hex]のいずれか)をクリックします。
f:id:ti-nspire:20180621143025p:plain:w400

[Ascii]、[Ascii & Hex]、[Bin]、[Dec]、[Hex]は、それぞれCtrl+A、Ctrl+B、Ctrl+D、Ctrl+Hというキーボードショートカットでも選択できます。

アナライザー別進数設定(16進数、10進数など)を変更する

場合によっては、アナライザーごとに別々の進数を指定する必要があります。その場合は、画面右側にある[Analyzer]パネルで目的のアナライザーを探し、そのアナライザーの[歯車]ボタンをクリックして、目的の進数ボタンを選択します。
f:id:ti-nspire:20180621143602p:plain:w400

アナライザー名を編集する

アナライザー名は、何に接続されているのかが簡単にわかるよう編集できます。目的のアナライザー名をクリックして名前を変更してください。
f:id:ti-nspire:20180621144034p:plain:w400

特定のポイントからアナライザーを実行する

データ中に指定した位置でだけアナライザーの実行を開始したい場合があります。たとえばイネーブルラインなしでSPIを使用している場合です。普通は、イネーブルラインディジタルレベルが変化しないと、アナライザーの同期がとれず、デコードが開始できません。

ネーブルラインなしでSPIを使う場合などは、バイトトランジションの途中でキャプチャが始まってしまって、バイトの先頭が正しく見つけられないことがあります。この場合は、最初にタイミングマーカーA1を開始位置に持ってくれば手動で開始位置が設定できます。
f:id:ti-nspire:20180621145716p:plain:w400

そのあとで、アナライザーの歯車ボタンをクリックして[Re-run starting at timing marker]を選択します。
f:id:ti-nspire:20180621145836p:plain:w400

プロトコルアナライザーの結果を見る

データのデコードに成功すると、色のついた領域がデジタル波形の上に現れます。ここに、バイトまたはその他のビットフィールドが表示されます。バイトまたはビットフィールドの内容が読めるまで十分に拡大してください。
f:id:ti-nspire:20180621150517p:plain:w400

デコード結果は、ディジタル波形の上に表示されるだけでなく、画面右側にある[Decoded Protocols]パネルにもリスト形式で表示されます。
f:id:ti-nspire:20180621150634p:plain:w400

このリストに表示された個々の行をクリックすると、その位置にあるデジタル波形が拡大表示されます。

アナライザーの実行結果を検索する

特定の結果を探したいときは、探したいテキストを正確に入力します。たとえばI2Cアドレス0x42に関係するトランザクションを見つけたいときは、表示進数が16進数であれば「0x42」と入力します。
f:id:ti-nspire:20180621151028p:plain:w400

アナライザーの実行結果を特定の範囲に絞り込む

アナライザーの実行結果を特定の範囲に絞り込むときは、まずタイミングマーカーペアを、絞り込みたい範囲の先頭と末尾とには位置します。
f:id:ti-nspire:20180621151353p:plain:w400

そのあとで、[Decoded Protocols]の歯車アイコンをクリックして[Search Between Timing Markers]を選択します。
f:id:ti-nspire:20180621151522p:plain:w400

すると[Choose timig markers]ダイアログボックスが開くので、たった今配置したタイミングマーカーペアを選択し、[Search]をクリックします。
f:id:ti-nspire:20180621151647p:plain:w400

これで、指定した時間範囲にデコード結果が絞り込まれます。