情熱のフルディスクリートFMラジオ1 / コルピッツ発振回路

pp.101-103
ほかに回路シミュレータでストンとわかる!最新アナログ電子回路のキホンのキホン, pp.201-212も

とても全部はできそうにないが簡単なところから手をつけてゆく。まずは手持ちの部品だけで発振の実験をしてみる。実際の局発用ではない。何Hzでもいいからとにかく発振するようすが見たいだけなので値は適当である。トランジスタは2SC1815GR (のセカンドソース)。

手巻きの空芯コイルはφ0.7のポリウレタン線をφ5の棒に15回巻いた。値は「トランジスタ技術 | エレクトロニクス数式集 オンライン計算シート」で下のように計算した。

LC並列共振なので共振周波数は1/(2*pi*sqrt(L*C))。ただしCは2個直列にしているので下のように計算される。

オシロで実測した。発振周波数は3.72 MHzであった。