読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LabVIEW & myDAQ 3 / MAX のテストパネルで動作確認をする 1 / DMM 端子を使う

参考: ミニ・アダプタmyDAQとLabVIEWで作るMy実験ベンチ: パソコンに取り込んで計測・制御思いのままに (計測・制御シリーズ), p.33-38
youtu.be

1. myDAQ と PC とを USB ケーブルで接続する。自動的にドライバーがインストールされる。
2. MAX を起動する。
3. [テストパネル] ボタンをクリックする。
4. [アナログ入力] タブを選択する。
5. [チャンネル名] ドロップダウンリストから [myDAQ1/dmm] を選択する。
6. 下の図のように接続して [開始] ボタンをクリックすると、電圧が測定される。
f:id:ti-nspire:20170523122722p:plain:h300 f:id:ti-nspire:20170523174519j:plain:h300
―――――――――――――――――――――――――――――――――

  • ドライバーのインストールされなかったとき、
  • [デバイスとインタフェース] に [NI myDAQ "mayDAQ1"] の表示されないとき、
  • リセット、セルフテストの機能しないときは下の操作をする。

Windows で [コントロール パネル] → [システムとセキュリティ] → [管理ツール] → [サービス] の順に進んで、[NI Device Loader] と [NI Configuration Manager] のいずれかまたは両方を手動で開始する (あるいは手動で再開する)。

(あるいは、[デバイスとインタフェース] を右クリックし、[新規作成] を選択し、[NI-DAQmxシミュレーションデバイスまたは ~] を選択し、myDAQ を選択する)

広告を非表示にする

LabVIEW & myDAQ 2 / ELVISmx をインストールする

参考: ミニ・アダプタmyDAQとLabVIEWで作るMy実験ベンチ: パソコンに取り込んで計測・制御思いのままに (計測・制御シリーズ), p.30-32


1. myDAQ に附属している DVD-ROM をセットする。

2. インストールウィンドウが表示されたら [Install] をクリックする。ウィザードの指示に従って操作する。

3. 下の画面が表示されたら [NI ELVISmx ~] だけを選択する。ウィザードの指示に従って操作を続ける。
f:id:ti-nspire:20170523061916p:plain

4. 下のようにインストールされた (インストール終了まで全部で 1 時間以上かかる)。
f:id:ti-nspire:20170523075903p:plain
f:id:ti-nspire:20170523080036p:plain

広告を非表示にする