Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

(04/36)ドラッグ操作でグラフを動かす

ドラッグ操作でグラフを動かす

函数のタイプによっては、グラフの一部をドラッグすることにより、グラフを並行移動すること、グラフを引き延ばすこと、グラフを回転させることができます。ドラッグすると、その変化に応じてグラフの数式が更新されます。

f:id:ti-nspire:20141230100653j:plain

① グラフを回転させるときは、グラフの端をドラッグします。

② グラフを並行移動させるときは、グラフの中央付近をドラッグします。

  

線形函数を動かす

▶ 並行移動するときは、グラフの中央付近をつかんでからドラッグします。

f:id:ti-nspire:20141230100728j:plain

▶ 回転させるときは、グラフの端をつかんでからドラッグします。

f:id:ti-nspire:20141230100746j:plain

 

二次函数を動かす

▶ 並行移動するときは、グラフの頂点付近をつかんでからドラッグします。

f:id:ti-nspire:20141230100817j:plain

▶ 引き伸ばすときは、グラフの頂点から離れた部分をつかんでからドラッグします。

f:id:ti-nspire:20141230100848j:plain

 

サイン函数、コサイン函数を動かす

▶ 並行移動するときは、グラフの垂直な対称軸付近をつかんでからドラッグします。

f:id:ti-nspire:20141230100917j:plain

 ▶ グラフを引き伸ばすときは、グラフの垂直な対称軸から離れた部分をつかんでからドラッグします。

f:id:ti-nspire:20141230100938j:plain

 

Remove all ads