読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(13)misc.(arcLen())

積分がらみの函数としてはほかに、弧長(arc length)を求める arcLen() がある。

 

構文:
arcLen(<式または式リスト>, <変数>, <始点>, <終点>)

弧の長さを返す。

 

実行例(単位円の半周の長さを求める):

f:id:ti-nspire:20150404052815j:plain

f:id:ti-nspire:20150404054009j:plain

--------------------------------------------------------

“with respect to”
Returns the arc length of Expr1 from Start to End with respect to variable Var.
<変数> = <始点> から <変数> = <終点> までの <式> の弧長を返す。
区間[<始点>, <終点>]での <式> の弧長を返す。

広告を非表示にする